前髪をアップバングで

カッコ良く決めたい!

 

爽やかさを出すのに持っこいの

アップバングですが、

やろうと思うと

意外に難しいんですよね^^;

 

 

立たせたつもりが

すぐにヘタレてしまったり、

 

上げる量が分からず

デコ丸出しのかっこ悪い仕上がりに

なってしまったり・・・w

 

・・・はい。

両方とも私の失敗談です(笑)

 

 

そこで今回は

 

失敗しない!アップバングのやり方3つのコツ【メンズ髪型】

 

と題しまして、

 

 

キレイにアップバングを作るコツを

紹介していきたいと思います!

 

それではいってみましょう^^

 

 

スポンサーリンク

 

 

【コツその1】ブローで形を整え、簡単にへたらせない

 

アップバングにしたつもりが、

簡単にへたれて降りてきちゃう・・・。

 

という人は、

ドライヤーでしっかりと

形づくりをするようにしましょう

 

軟毛の人は特にわかるかと思いますが、

ワックスだけで髪型を作ろうと思っても

すぐに潰れてしまうんですよね^^;

 

大事なのはむしろ

このドライヤーの部分で、

 

ここでしっかりと

土台を作っておくからこそ、

 

ワックスの効果を

最大限発揮できるのです。

 

 

アップバングの髪型の土台作りですが、

 

① 髪をしっかり濡らす。

前髪を指の間でしっかりと挟み込み、持ち上げる。

③ その状態でドライヤーで乾かしていく。

④ 乾いたら温風⇒冷風に切り替え、クセを固定させる。

 

この4ステップで作っていきましょう。

 

乾かす時に持ち上げる前髪の量についても

注意が必要なので、

次で紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

 

【コツその2】分け目は黒目の中心側で作ろう

 

アップバングといっても

むやみやたらに前髪を上げればいい

と言うものではありません。

 

持ち上げる分量が多すぎてしまうと、

ただのおでこ丸出しヘアー

なってしまいますからね(-。-;)

 

 

 

ではどれぐらいの範囲を

持ち上げれば良いのか。

 

一番バランスが良いのは

両目の黒目の内側と内側の間

の範囲で持ち上げることですね。

 

maegami-up1

 

赤い点線の内側は

しっかりと持ち上げて乾かし、

 

逆に点線の外側は

タイトに抑えながら乾かしてあげると

 

メリハリがついて

いい感じに仕上がります♪

 

こちらの動画がわかりやすかったので、

ぜひぜひ参考にしてみてくださいね^^

 

 

 

 

【コツその3】ワックスの分量に注意しよう

 

最後にワックスをつければ

完成なのですが、

ここでも注意点が一つ。

 

いくらガッチリ決めたいからといって、

ワックスをたっぷりつけてしまうのは

NGです!

 

あまりたくさんつけすぎてしまうと

ワックスの重みでせっかく立たせた前髪が

つぶれてしまいますし、

 

ベタついてしまって

見た目的にもあまりよくありません(>_<)

 

 

ドライヤーでしっかりと

土台作りができているはずなので、

 

あくまでもワックスは

最後の仕上げ程度

につけるようにしましょう。

 

 

後ろ⇒サイド⇒トップと

順番にワックスをつけていき、

 

余ったワックスで軽く整えるぐらいが

丁度良いですね♪

 

 

 

前髪が長い人は、ヘアアイロンで作るのがオススメ!

 

前髪が長くて

上手くアップバングが作れない・・・。

 

と言う人は、

ヘアアイロンで作るのがおすすめです!

 

コチラの記事で詳しく解説しているので、

参考にしてみてくださいね♪

 

【前髪が長い人必見!】ヘアアイロンでアップバングをつくるコツ

 

 

 

関連記事

 

 

 

 

まとめ

 

今回はアップバングの作り方について

紹介させていただきました。

 

  • ドライヤーで前髪を立たせ、しっかりとクセを作る
  • アップバングの分け目は黒目と黒目の中間あたりがオススメ
  • 立たせたいからといってワックスはつけすぎるのは×

 

上記の3点に注意して

アップバングヘアを楽しんでみてください^^

 

 

 

※他の記事もよく読まれています。

 

ヘアスタイル記事まとめはこちら!

 

 

いかがだったでしょうか?

 

ご参考になれば幸いです。

 

以上、『失敗しない!アップバングのやり方3つのコツ【メンズ髪型】』でした!